困りごとを解決!お役立ちマガジン

PowerPointで色の使いすぎはご法度、お薦めはこの2色

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日経XTECHにPioedge/パイオエッジ 小早川鳳明の連載が掲載されました。
今回は【PowerPointで色の使いすぎはご法度、お薦めはこの2色】というテーマです。

ここまでのコラムで、プレゼンに向けてパワーポイント資料作りの4つのステップを紹介しました。
今回は4ステップ目の「実際にスライドを作成する」ということについて解説しています。

会社でプレゼンを行うとき、就活やインターンでプレゼンするとき、パワーポイント資料を作ってみても、いまいちかっこいいスライドにならない……。
どうにもごちゃっとした印象になって落ち着かない……。
そんなことはありませんか?

今回のコラムでは、意外にできていない「3つのコツ」のうち、
特に色について詳しく紹介しています。

プレゼンで使うパワーポイント資料で使う色はとにかく少なく、2色にすることが一番です。
それは混乱を防ぐためだったり、
印象に残したいメッセージを明確にするためだったりします。

プレゼン時のパワーポイントスライドデザインの3つコツ

◆使う色は2種類に限定する(例:グレー系と赤系)
◆フォントサイズは12ポイント以上にする
◆フォントはメイリオ

具体例を挙げながらなぜ2色がいいのか、詳しく解説します。

解説と、すぐに使えるプレゼン用パワポテンプレートは以下から入手できます。

転職・就活やインターンでも使える面接準備に役立つ資料は以下から入手できます。

➡起業準備のためのオンライン道場(スタートアップ道場)
➡転職・就活・インターンシップ準備のための道場(スキルアップ道場)
➡経営後継者を養成する道場柄型研修(後継者道場)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. ロジックツリーからフェルミ推定を行う
  2. PowerPoint資料作成、これをすれば上司のダメ出しが減る
  3. 技術者にお勧め、ダメなプレゼンを回避できる「鉄板フレームワーク」…
  4. 営業部への技術プレゼン、不調に終わった原因は?
  5. 資料作りが苦手なエンジニア、「手書き8割のルール」を意識しよう
  6. 営業向け製品プレゼン、聞き手が売りたくなる「3つの工夫」
  7. ケース面接・フェルミ推定のやり方(就活面接対策編)
  8. PowerPoint資料の説得力を高める「メッセージ」の作り方

翻訳

アーカイブ一覧

PAGE TOP