困りごとを解決!お役立ちマガジン

資料作りが苦手なエンジニア、「手書き8割のルール」を意識しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日経XTECHにPioedge/パイオエッジ 小早川鳳明の連載が掲載されました。
今回は【資料作りが苦手なエンジニア、「手書き8割のルール」を意識しよう】というテーマです。

パワーポイント資料を作れ、と一言で言われても、
分かりやすいパワーポイント資料を作るのは一筋縄ではいきませんよね。

「結局何を伝えたいのか、メッセージが分からない」
「話があっちこっちに飛んでまとまりがない、全体像が見えない」
「文字が多くて、ぱっと情報が頭に入ってこない」……。
そんなことを言われたことがある人も多いのではないでしょうか。

実は分かりやすいパワーポイント資料を作るには、
「手書き」の工程が必要不可欠なのです。
意外に思うかもしれませんが、そんな人こそこのコラムを読んでみてください。

どの工程が手書きで、どの工程からパワーポイントを起動させるのか。
図解でわかりやすく解説しています。

➡プレゼンスキルが向上するテンプレートは「こちら」(スタートアップ道場)
➡転職・就活の面接回答テンプレートは「こちら」(スキルアップ道場)
➡プロジェクト管理ツールは「こちら」(後継者道場)

日経xTECH ラーニング(以下、記事全文リンク)

資料作りが苦手なエンジニア、「手書き8割のルール」を意識しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. データを使い報告しないと…「心に響くプレゼン」vs「心に響かない…
  2. PowerPoint資料作成、これをすれば上司のダメ出しが減る
  3. 営業向け製品プレゼン、聞き手が売りたくなる「3つの工夫」
  4. ロジックツリーからフェルミ推定を行う
  5. PowerPointで色の使いすぎはご法度、お薦めはこの2色
  6. ケース面接・フェルミ推定のやり方(就活面接対策編)
  7. 営業部への技術プレゼン、不調に終わった原因は?
  8. 技術者にお勧め、ダメなプレゼンを回避できる「鉄板フレームワーク」…

翻訳

アーカイブ一覧

PAGE TOP