困りごとを解決!お役立ちマガジン

技術者にお勧め、ダメなプレゼンを回避できる「鉄板フレームワーク」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日経XTECHにPioedge/パイオエッジ 小早川鳳明の連載が掲載されました。
今回は【技術者にお勧め、ダメなプレゼンを回避できる「鉄板フレームワーク」】というテーマです。

第1回、第2回のコラムで、プレゼンテーションで気をつけるべきことについてポイントを挙げてきました。

出席者の興味をひいて、曖昧な部分をはっきりさせることで、プレゼンの質はグッと上がる、というのがおおまかな内容でした。

気をつけるべきことは分かったとして、
では実際どのようにプレゼンを組み立てれば失敗しないのか、気になりますよね。

そこで、今回のコラムでは第1回と第2回を踏まえて、プレゼンの汎用的なフレームワークを紹介しています。
もちろん抽象的な内容だけではなく、第1回の相川さん(仮名)を例に具体例も挙げています。
コラムを読んで、ご自分のプレゼンに早速応用してみてください。

(画像出所:日経xTECH)

日経xTECH ラーニング(以下、記事全文リンク)

技術者にお勧め、ダメなプレゼンを回避できる「鉄板フレームワーク」

➡プレゼンスキルが向上するテンプレートは「こちら」(スタートアップ道場)
➡転職・就活の面接回答テンプレートは「こちら」(スキルアップ道場)
➡プロジェクト管理ツールは「こちら」(後継者道場)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. PowerPoint資料作成、これをすれば上司のダメ出しが減る
  2. データを使い報告しないと…「心に響くプレゼン」vs「心に響かない…
  3. PowerPoint資料の説得力を高める「メッセージ」の作り方
  4. 営業向け製品プレゼン、聞き手が売りたくなる「3つの工夫」
  5. PowerPointで色の使いすぎはご法度、お薦めはこの2色
  6. 資料作りが苦手なエンジニア、「手書き8割のルール」を意識しよう
  7. 営業部への技術プレゼン、不調に終わった原因は?
  8. ケース面接・フェルミ推定のやり方(就活面接対策編)

翻訳

アーカイブ一覧

PAGE TOP